マリンダイビングSHOP

  • 月刊『マリンダイビング』2010年10月号No.529
マリンダイビング

月刊『マリンダイビング』2010年10月号No.529

1,026

数量
◆パプアニューギニア親善大使 女優・小野真弓さん 読者レポーターが体験! パプアニューギニア・マダン
 屈指の大物エリアとして有名なパプアニューギニア・マダン。しかし、大物だけではないこの海は、色鮮やかなサンゴ、数え切れないほどの種の魚たちと海の様子は本当にバラエティ豊か。一歩踏み入れるとそこはまさに手つかずの自然が溢れる。そんな魅力たっぷりの海を持つマダンに親善大使である女優・小野真弓さんが訪れた。さらに今回は、読者レポーター3組6名が体験した取材ツアーもご紹介!

◆マンタの群れシーズン!  撮る石垣島
 石垣島のテーマは“写真”。秋は人も少なめで生物が多く、じっくり潜れる季節なので、写真を始めたい人にもってこいだ。今回は、現地ガイドの写真で石垣島の海の様子と、撮影ポイントについて紹介している。また、9~11月はマンタの繁殖シーズン! 向こうから迫りくるマンタ、マンタ、マンタ……マンタの大行列にあなたも興奮すること間違いなし!
 
◆那覇発>>別世界行き ボート旅
 沖縄本島の窓口となる那覇。ここから大型ボートで向かう海は、港からは想像もつかないほど明るく、生き物がたくさん。今回お世話になった《マリンハウスシーサー那覇店》は、スタッフの数も多く、レベル別のチーム分けをしてくれるので、ビギナーでも一人参加でも安心。《シーサー》で行くボート旅へいざ出発!

◆ボルネオ・セレベス海の小さな島々へ Dive! Borneo!!
 ダイバーの間では伝説的なダイビングエリアとなっているマレーシアのボルネオの近くにあるシパダン島。現在は環境保全のため、シパダン島には滞在できず、しかも1日に潜れるダイバーの数も120人までと厳密に制限されている。そんなシパダンを潜るための方法を、水上コテージもある周辺リゾート滞在、快適に潜れるクルーズ滞在とに分けて紹介。自分にあったスタイルで、シパダン及びボルネオ周辺の海を楽しみましょう

CHECKED ITEM